マタニティブルー

病院での妊娠検査はどのタイミングなら確実?

妊娠を望み妊活をしている人にとって、妊娠検査は気になるワードです。
生理が遅れると、妊娠したかも知れないと、はやる気持ちで、すぐさま病院に行って妊娠検査をしたいと考えることでしょう。
では、病院へ行っての妊娠検査は、どれくらいの時期から確実にわかるものなのでしょうか。
 
まず、妊活していると、生理日や生理周期をある程度把握していることでしょう。
生理が一週間以上遅れた場合は、とりあえず市販の妊娠検査薬で試してみることをお勧めします。
病院へ行くと、陽性にしろ、陰性にしろ受診料もかかってしまいますし、待ち時間なども考えると、尿をかけるだけで結果がすぐ出る市販薬のほうが手ごろかと思います。
その結果が陽性になってから、病院で確かめるという方法が一般的でもあります。
妊娠検査薬が陽性になった場合でも、正常に妊娠しているかまではわかりません。
子宮外妊娠や、化学流産の可能性も否定できないからです。
妊娠検査薬で陽性が出た場合は、できるだけ早めに病院で受診することが重要です。 

病院で受診すると、問診や、尿検査、超音波検査をして、妊娠しているかどうかを確かめます。
胎嚢という赤ちゃんが入っている袋を子宮に確認できれば、妊娠確定になります。
そして、胎嚢の中の心拍が確認できれば、確実におなかの中に新しい命が宿っているという診断が下されます。
受診が早すぎたりすると、心拍まで確認できずに、また日を改めてという指示を受けることもあります。
この心拍が確認できれば、妊娠継続という事になり、母子手帳の発行手続きに進み、病院の指示に従って、各自治体から母子手帳を発行してもらうという流れになります。

妊活をしていて、確実に病院で妊娠検査を受けたいと思うのならば、生理周期を把握して、生理の遅れに気づくことが第一です。
遅れて一週間を過ぎてから市販薬で確認し、陽性であれば、病院へ行って、正常に妊娠しているかを確かめてもらい妊娠確定の診断を受ける流れです。
つまり、病院へ行くベストなタイミングとは、妊娠検査薬が陽性を示してからが確実と言えそうです。