マタニティブルー

不妊検査は夫婦で一緒に

妊活していると、不妊というキーワードに触れる機会も多いかと思います。
不妊検査は、夫婦で受けましたか。

不妊の原因には、女性側だけでなく、男性側にも問題がある場合もあります。
不妊の原因調査によると、女性にのみ原因がある場合は、41%、夫婦双方に問題がある場合が24%、男性にのみ原因がある場合が24%、原因不明が11%という結果もあります。

では、男性の不妊検査は、何科を受診すればいいのでしょうか。
答えは簡単です。夫婦そろって婦人科で検査できます。
また、婦人科に抵抗があるのであれば、泌尿器科でも検査できます。

一般的に、2年以上避妊せずに子供を望んでいても、妊娠しない場合に、不妊検査をすることが多いようです。
妊娠しないと悩むよりも、夫婦そろって不妊検査を受けるというのも、一つの方法です。
不妊治療は、早ければ早いほど、妊娠する確率も上がるはずです。
夫婦そろって婦人科に行くことで、夫と、医師にも信頼関係が生まれて、妻の妊娠の時にも、安心して任せられるはずです。

また、夫婦そろって受診する場合は、夫婦の意見を話し合って、まとめておいてから、受診すると、問診の時などもスムーズです。
不妊検査とは、一体何をするのかと言いますと、男性も女性も、まず問診があります。
触診、視診、血液検査なども男女共通です。
女性は、そのほかに、基礎体温や、生理の具合、超音波検査をして、卵管や、子宮などに異常があるか、きちんと排卵しているか等を調べます。
男性も、超音波検査もあります。
また、精液検査をして、精子の動きや、数などの検査があります。

デリケートな問題なので、男性は特になかなか受けずらい検査なのかも知れません。
しかし、妊活や、不妊検査は、どちらか一方の問題ではなく、夫婦として取り組むべきものです。
どちらかが非協力だと、後々の夫婦の信頼関係にも関わってきます。
妊活も、不妊検査も夫婦で協力しあって、お互いに健康になりながら、新しい命を授かる努力をすることが必要と言えそうです。