マタニティブルー

知っておいて損はない!妊娠するまでに出来る準備

妊活中に出来る事で、妊娠するまでにやっておくべき準備って一体なにがあるでしょうか。

妊娠するまでに出来る事は、色々ありますが、まず、心と体を健康に保つことが最重要です。
元気な体に整えて、ステキな妊娠、出産、育児に向かいましょう。
まず、重要な項目が、食事です。
野菜や、お肉、カルシウムなどをバランスよく十分にとっていますか。
日本人のほとんどが、特に野菜不足と言われています。
妊娠には、葉酸が重要と聞いたことがあるかと思いますが、葉酸は、野菜などに入っている栄養素の一つです。
葉酸のサプリメントを摂ればいいと安易に考えがちですが、サプリメントなどは、あくまでも補助食品なので、野菜本体から、摂ったほうが体にいいです。
しかし、野菜のみでは必要な葉酸を摂取することは難しいので、程よくサプリメントなども取り入れるといいでしょう。
また、葉酸が特に重要なのは、妊娠初期になります。
大体妊娠が分かるのが、7週目以降がほとんどです。
しかし、本当はその前から葉酸があった方がよいのです。
つまり、妊活中から葉酸を摂っておいたほうが良いと言えます。
旬の野菜は特に、栄養素も豊富です。
季節に応じた旬野菜を食卓にふんだんに取り入れることで、家族みんなが健康になり、おいしく楽しい妊活の一環にもなります。

また、妊娠中には、貧血にも注意が必要です。
妊活中から、鉄分を多く含んだものを取り入れて、鉄分不足にならないようにしておくことも重要です。
カルシウムも、胎児の骨の形成に使われるので、妊娠中には、余計必要になります。
牛乳離れが進む現代社会ですが、やはりこちらも、日ごろから摂取を心がける必要がありそうです。

現代人は、運動も不足しがちです。運動することによって、筋力アップにもつながります。
体を柔らかくするストレッチや、ラジオ体操からでも構いません。
自分ができる事から始めて、出来る事をだんだん増やしていけば、無理なく運動を続けられるはずです。
程よい運動は、妊活中のストレス発散にもなります。
体を動かすことによって、心も体も健康を目指しましょう。