マタニティブルー

マタニティブルーについて詳しく知る

マタニティブルーの本当の意味を分かっていない人は、少なからず存在します。
妊娠中の情緒不安定な状態の事ばかりだと誤解している方もいるかと思います。
妊活しているならば、ぜひマタニティブルーについて正しくしりましょう。

マタニティブルーとは、実は妊娠中のみならず、産後に起こる情緒不安定状態の事も言います。

出産後に起こる出産の疲労、育児による疲れや睡眠不足、あるいは、これからうまく育児できるかなどの不安が、マタニティブルーの原因です。
また、妊娠中に作られた多くのホルモンが出産時に胎盤と共に排出され、ホルモンが一気に低下することによって、マタニティブルーが引き起こされることもあります。
多くの女性が、このホルモンの急激な変化に体が付いていけずに、悲しくないのに涙が出たり、急な不安感に襲われたりという症状が出て、マタニティブルーになると言われています。
初めての子育てや、二人目三人目でも子育てへの不安はつきものです。
初めては特に、上手にできなくて当たり前です。
赤ちゃんも親も初めてだらけでも、お互いの信頼、愛情で、手探りで行っていくのが子育てです。
あまり思い詰めずに、妊活中からでも、相談できる相手を見つけておくのもマタニティブルーを乗り切る手立てかもしれません。
もし、マタニティブルーとなっても、大体の人は二週間もすれば自然によくなるので、心配しすぎる必要はありません。
しかし、周りの人が、その状態を理解してサポートする必要があります。
マタニティブルーの状態を責めたり、問い詰めたりすると治るものも治りません。
周りの人は、温かくサポートするという重大な役目があります。

また、悪化すると、産後うつという状態になる場合もあります。
産後うつになると、カウンセリングを受けたり、薬を服用するなどの適切な処置も必要になってきます。

妊活中に、マタニティブルーの本当の意味を知り、マタニティブルーの原因や、なった時の対処方法などを、自分や、周りの方々で理解しあう事が、大切といえるでしょう。