マタニティブルー

陣痛室ってどんなところ?

陣痛室というと、どういったイメージがわくでしょうか。
痛いという文字が入っているだけで、入るだけで痛そうな感じもします。

陣痛室とは、分娩の前に必要な処置をしたりする重要な部屋なのです。
立ち合い出産を望まない旦那さんでも、陣痛室には入れるところがほとんどです。

まず、大体の病院では、陣痛が来て、入院したら、着替えます。
それから、検尿、血圧測定、内診を行い子宮口の大きさを確認します。
そして、おなかに分娩監視装置を巻いて、赤ちゃんの元気さや、どのくらいの進行状況かなどを調べます。
赤ちゃんの心拍音や、陣痛の強さや長さを計測する装置です。
これらの事を陣痛室でする病院がほとんどです。
また、不測の事態に備えて、血管確保をするために、点滴をする場合もあります。
陰部の会陰切開に備えての剃毛も、こちらの部屋で処置することもあります。
陣痛が始まってから、出産するまでは大体24時間以内と言われています。
陣痛の間隔が狭まってから、入院して、分娩室に入るまでにいる部屋が陣痛室なのです。
分娩室と、陣痛室は、別々の部屋なので、産まれそうになった時に、陣痛の合間を見て、自分の足で分娩室まで歩いて移動します。
しかし、病院によっては、陣痛室と、分娩室がドアなどで繋がっていて、ベッドに寝たまま移動できる所もあります。
妊活中に、分娩室と、陣痛室が繋がっているかなどを調べておいてもいいかも知れません。
また、陣痛室での軽食が可能な病院や、食事自体を禁止している病院もあるので、妊活中には、そういった点も加味して病院を探すのも一つの方法です。

陣痛室では、産まれるまでの痛みを逃がして、分娩に備えるための部屋でもあります。
背中や腰をさすったり、ボールなどの道具などを使ってマッサージしたり、方法はさまざまです。
妊活中に、ぜひ、パートナーや、付き添ってくれる人と陣痛室での過ごし方について話し合って、よりよい対処方法を検討しておくのも重要です。