マタニティブルー

妊娠中の温泉は?

妊娠中には、温泉に入ってはいけない等と、だれかに言われたことはありませんか。
本当に温泉に入ってはいけないのでしょうか。
一昔前の環境庁の温泉施設の注意書きに、妊娠中は控えるべきという旨の但し書きが確かにありました。
しかし、医学的根拠がなかったために、つい最近の2014年に見直しの方針を示し、その項目が削除されています。
つまり、妊娠中でも温泉に入って大丈夫なのです。
温泉には、体を温める効能があります。
妊娠中には体を冷やしてはいけない事は、妊活中の方ならご存じかと思います。
温泉に浸かって体を温めたり、リラックスしたり、日ごろのストレスをリフレッシュすることは、身心ともに妊娠中にはよいと言えそうです。

妊娠中に温泉に入るためには、いくつかの注意点もあります。
まず、すべって転ばないように十分に気を付ける事です。
日ごろから妊娠中には転ばないように注意しているはずですが、温泉という場所は家のお風呂よりも歩く場所が多いために、十分に気を付けなければなりません。
次に、長湯しない事です。
ゆったりと長く入りたい気持ちも分からなくはないですが、おなかに赤ちゃんもいるという事を忘れない事です。
妊娠している人が入っているという事は、おなかの赤ちゃんも一緒に入っているという事です。
おなかの赤ちゃんがのぼせてしまわないように、ほどほどに入りましょう。
また、温泉に行く時期も重要です。
妊娠中でも温泉は大丈夫とわかっていても、妊娠初期や、後期は避けて安定期の体調がよい状態のときに限りましょう。
妊娠中は、色々な事にデリケートです。
比較的体調が安定している状態の時に、自分へのご褒美として入るという気持ちならば、より一層楽しめるかもしれません。
また、最近では、温泉施設に、家族風呂もあるので、一人では心配な場合や、不測の事態に備えて、パートナーや、家族と一緒に入ってもらうという方法もお勧めです。

これらの事を踏まえて、妊活中に行きたい温泉を考えるのも楽しそうですね。
妊活にもリフレッシュが必要なので、下見がてら、一度予行練習に温泉へ行ってみても思い出に残るかもしれません。