マタニティブルー

妊娠中は虫歯ができやすい?

妊活していて、妊娠の事を調べたりしていると、妊娠中には虫歯ができやすいという話を一度は耳にしたことがあるかと思います。
本当に妊娠中には虫歯ができやすいのでしょうか。

答えは本当です。
なぜかというと、妊娠中には、胎児のお布団の胎盤を作るために、ホルモンの分泌が盛んになる影響で、唾液がいつもより少なく、また粘り気を帯びたものになりやすい為です。
さらに、歯磨きをしようにも、つわりなどにより、歯磨きするのも気持ちが悪かったり、歯磨き粉のにおいが受け付けなくなったりということもあり得ます。
また、つわりや、妊娠中の胃の圧迫により、少しずつしか食べられない場合もあります。
そうすると、小分けに何度も食事をすることになり、口内が酸性になっている時間が長くなってしまうなどの理由もあります。

しかし、妊娠中でも安定期などになれば、虫歯の治療を受ける事も可能です。
レントゲンで胎児が被ばくするかと考えるかもしれませんが、鉛のエプロンをつけるので大丈夫です。
また、麻酔も局所麻酔なので、胎児に影響はありません。
悪化して、痛み止めに鎮痛剤を飲む方がリスクがあると考えられます。
もし虫歯になってしまった場合で、体調が許せば、虫歯治療に歯科に行くことをお勧めします。
また、虫歯になりやすいことを知っていれば、妊活中に、虫歯の治療に行っておくことが大事です。
子供が生まれてからでは、自分の時間をとりずらく、歯医者に行きにくくもなります。
妊娠中でも、食べたらすぐに歯磨きをすることで十分虫歯を防げますので、必要以上に恐れない事も重要です。
体調が悪いなどで、歯磨きができない場合は、うがいや、フロスで歯の間のお掃除をするだけでも変わってきます。

妊活中には、歯磨きをする等、口内環境を整える癖をつけて、妊娠中に備える事が重要と言えそうです。
妊娠中でも、妊婦用の歯科検診などをしたり、出産後の歯科検診をする事も予防の一環になります。
もし、虫歯になってしまっても、早めに治療し、妊娠や、出産の妨げにならないように気を付ける事で、元気に赤ちゃんを迎えましょう。